• FAQTOP > クルマのいろは > 【クルマのいろは】 運転席から死角になっていて実は見えていない場所、知っていますか?
  • No : 7785
  • 公開日時 : 2021/12/01 00:00
  • 更新日時 : 2022/05/13 18:40
  • 印刷

【クルマのいろは】 運転席から死角になっていて実は見えていない場所、知っていますか?

【クルマのいろは】 運転席から死角になっていて実は見えていない場所、知っていますか?
カテゴリー : 

回答

 
運転席からどこが死角になっているか、運転するときに意識していますか?
 
駐車場の縁石に車を擦ってしまったり、車の前後を急に子供たちや動物が横断したり、死角に気づかずヒヤッとした経験がある人もいるかもしれません。
 
図はイメージです。
 
車の死角はこんなにある!!
・パイロンがある部分全てが死角になっています。
 
・バックモニターにも死角があるので注意して活用しましょう。
 
駐車時に死角部分が見えないのが不安、と思われる方には「パノラミックビューモニター」がおすすめです。
クルマの斜め後ろや真横など、目が届きにくい箇所も確認できるため、いち早く障害物に気が付くことができます。
■カメラが映し出す範囲は限られており、実際より遠く見える場合があります。映像を過信せず、必ず車両周辺の安全を直接確認しながら運転してください。
 
ぜひこちらの動画でも死角をチェックしてみてください。(死角は0:55~)
改めて学ぶ駐車のコツと車の死角について
 
他にも、死角をサポートする機能をご用意しております。
・パーキングサポートブレーキ(後方接近車両)
・パーキングサポートブレーキ(後方歩行者) 
・クリアランスソナー&バックソナー/コーナーセンサー(前方・後方) など
 
機能の詳細はこちらのサイトをチェックしてみてください。
■トヨタの安全技術 > 見づらい死角をサポート
 
おクルマによっては、設定の有無が異なりますので、詳しくはお近くのトヨタのお店 または、 相談センターへご相談ください。
 
車の死角を正しく理解して、安全運転を心がけましょう。
 
■クルマのいろは TOPページへ戻る