お問い合わせ・よくあるご質問

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 5373
  • 公開日時 : 2020/03/24 00:45
  • 更新日時 : 2020/12/21 19:53
  • 印刷

洗車の方法を教えて。

洗車の方法を教えて。
カテゴリー : 

回答

1. 水を十分にかけながら、車体・足回り・下周りの順番に、上から下へホコリやゴミなどの汚れを洗い落とします。
 
2. 車体は、スポンジやセーム皮のような柔らかいものを使って洗います。
 汚れがひどいときは、カーシャンプーを使用し、水で十分洗い流します。
 ▶ポイント
  スポンジは一定方向にこすり、数回こすったらスポンジを水洗いします。 そうすることで、車体への傷がつきにくくなります。
 
3. 足回り(タイヤ&ホイール)は、ブラシなどを使って洗い流します。
 ▶ポイント
  ホイール・ホイールキャップは、中性洗剤を使用し、早めに汚れを落とします。
  洗剤を使用したあとは放置せず、水で十分に洗い流します。
 
  ■メッキ用クリーナーは使用しないでください。ホイールが変色する恐れがあります。
  ■ホイール・ホイールキャップの塗装の損傷を防ぐため、次のことを必ずお守りください。
    ・酸性、アルカリ性および研磨剤の入った洗剤を使用しない
    ・硬いブラシを使用しない
    ・夏場の走行後や駐車後でホイールが熱いときは、洗剤を使用しない
 
4. 吸水性のよいもので、水をふき取ります。
 ▶ポイント
  水はすぐにふき取ります。水滴をそのままにしておくと、水滴がレンズの役目をして太陽の光を一部に集め、
     車体にシミを作ってしまう現象(ウォータースポット現象)をおこし、車体を傷める原因になります。
 
5. 水のはじきが悪くなったときは、ワックスがけをおこないます。
  塗装の種類(セルフリストアリングコートなど)や、ボデーコート・ホイールコート・ガラスコートなどのケミカル商品を施工された場合、
  及びメッキ部品はお手入れの方法が異なります。
  詳しくは、おクルマに搭載の取扱書でご確認いただくか、または、トヨタ販売店にお問い合わせください。
 
 
洗車をするときは、エンジンルーム内に水をかけないでください。
 電気部品などに水がかかると、車両火災につながる恐れがあり、危険です。
 

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます

お電話でのお問い合わせ

トヨタ自動車株式会社 お客様相談センター

(フリーコール)0800-700-7700

ご愛用車のお問い合わせは、自動車検査証(車検証)をご用意いただくとスムーズな対応が可能です。

受付
365日 年中無休 9:00~16:00
お客様のお電話の設定状況により、フリーコールにつながらない場合がございます。

インターネットでのお問い合わせ

当ホームページでは、インターネットによるお問い合わせも受け付けております。
こちらのボタンよりお問い合わせください。

インターネットでのお問い合わせはこちらから